GILLIE CLUB

Webook トークライブ " あの人に会いたい" 第 2 回

<ご報告>

 


<ご案内>

ギリークラブの新しいシリーズ、Webookトークライブ "あの人に会いたい"第2回のゲストは分類王+プロデューサー+著述家+α の「石黒謙吾さん」です。
以下は松山真之助さんからの案内文です。

 みなさん、こんにちは。松山真之助です。
メルマガ Webookでご紹介した作家の方で、この人にぜひ!会いたいという方をお迎えし、インタビュー&独演会を開きます。少人数、至近距離で、その方のひととなりを感じられる素敵な機会にしたいと思います。講演の後は、交流会も予定しております。

さて、第二回のお客様は「盲導犬クイール」の著作で有名な石黒謙吾さん。ストイックなユーモアを数知れず生み出している石黒さんですが、部類の動物好きで、心のとっても温かい方です。
そうそう、野球もお好きでチームをお持ちです。

僕(松山)が初めて石黒さんにお会いしたのは、「チャート式試験に出ないニッポンのしくみ」という類稀なる面白い本を読んだ後のことでした。一目ぼれ・・というか、なんというか楽しいツボにハマってしまったのでした。そして、この方の底知れないアイデアや想像力と、とことん優しい人柄にしびれてしまったのでした。

「盲導犬クイール一生」の物語で泣いた方も多いことでしょう。「どうして?」も人間の我がままと純粋な犬の声とが読み手の心をわしづかみしてくれます。

またプロデューサーとしての石黒さんもとっても面白い。
「ザ・マン盆栽〜パラダイス山元」「少年とストライカーと約束 〜上井建治/浦本典子 」などユーモアや感動のプロデューサーとしても多方面で活躍していらっしゃいます。

そんな石黒さんの普段のお仕事ぶりや、思い、夢などを語っていただこうと思います。

参加される方は、ぜひこんな本をお読みいただいてお越しくださいね。


<感動系>


★少年とストライカーと約束 〜 上井建治/浦本典子
双葉社
http://www.blueorange.co.jp/books/edit/yakusoku.htm
 


★盲導犬クイールの一生 〜 石黒 謙吾/秋元 良平 (写真)
文藝春秋
http://www.blueorange.co.jp/books/ishiguro/quill.htm
http://www.blueorange.co.jp/books/ishiguro/quill_bunko.htm
 


★どうして? 犬を愛するすべての人へ 〜 石黒 謙吾
アスペクト
http://www.blueorange.co.jp/books/ishiguro/doushite.htm
 


<愉快系>


★図解でユカイ 〜石黒 謙吾 (著)
ゴマブックス
http://www.blueorange.co.jp/books/ishiguro/zukai.htm
 


★ザ・マン盆栽百景〜パラダイス山元
扶桑社
http://www.blueorange.co.jp/
books/edit/manbon100.htm

 


★ダジャレ ヌーヴォー 〜 石黒謙吾
扶桑社
http://www.blueorange.co.jp/books/ishiguro/dajale.htm
 


★「ぞりん」( 6/1発売)〜石黒謙吾
扶桑社
http://www.blueorange.co.jp/books/ishiguro/zorin.htm
 


<参考サイト>

●ブルー・オレンジ・スタジアム(石黒氏のサイト):
http://www.blueorange.co.jp/
●Webook of the Day
http://webook.tv/
●楽天ブログ日記:
http://plaza.rakuten.co.jp/google/
●WebookCast:
http://webook.seesaa.net/

(参考:シリーズ開始時のアナウンス)

++++ ギリークラブの新しいシリーズがスタートです。+++++
Webook of the Day というメルマガをご存知ですか?
→ http://webook.tv/
松山真之助さんという方、今回ご紹介できますが凄い方です。
毎日1冊本を読んで書評を送ってくれるのです。
このメルマガに関してはこのメールの最後につけておきます。
私ももう数年Webook of the Day 楽しみながら読んでおり、参考にしています。
今年の初め、松山さんが著書を出版されたタイミングを捉えて、
松山さんが紹介した本の著者もお呼びするパーティーのお手伝いをしました。
http://plaza.rakuten.co.jp/google/diary/200601190000/

内容は目茶目茶面白く、ご参加の方の満足度も高かったですが、いかんせん、多くの著者がいらしたのでそれぞれの方にお話を聞ける時間が限られており、もっと聞きたいなぁ、ああ、もったいない!残念!という印象でありました。
その後、松山さんにこの話しをして提案をしました。
毎回1冊、著者の方に松山さんがインタビューしてお話を聞くギリークラブはどうかと。
松山さんのメルマガには1万人以上の読書家の方が登録していますが、今回はあくまでもギリークラブのメンバー対象に行いたいと思います。
読書は大切です。メールやネットとは違うものが得られますし、ワンセグ放送開始でまた読書時間が減るという人がいますが、本を読んでいるとき、IT機器に触れているのとは全く違う時間が流れます。
人間が人間らしい、そしてその人なりのスピードと思考回路で情報を得ることができます。
子供の頃から本を読む習慣を身に着けることは重要です。
でも、これだけ刊行点数が多いと、一体どの本には何が書いてあるのか分かりません。
そして・・・・・著者の方、編集者の方にとっても本は大切です。
本を出したら一人でも多くの方に知ってもらい、読んで頂きたいものです。
著者と読者が会う場、それも著作の内容をお聞きし、質問し、交流する・・・書店店頭でのサイン会、小規模の食事会、大人数の記念パーティーではなく・・・
ということで、松山さんと組んでギリークラブ/Webook トークライブ『あの人に会いたい』シリーズ開始です。


<実施概要>

●【ギリークラブ/Webookトークライブ "あの人に会いたい"】第2回
 〜ゲスト: 分類王+プロデューサー+著述家+α「石黒謙吾さん」〜

●日時:6月15日(木)18:30〜21:00
    18:00 受付開始
    18:30 セミナー開始
    20:00 交流会開始(食事会ではありません)
    21:00 終了

●会場 丸ビル7階 東京21Cクラブ コラボレーションスペース 
    TEL:03-5208-2121
   アクセス:http://www.tokyo21c-club.com/open/info/access.html

●ゲスト:
石黒謙吾氏   (分類王+プロデューサー+著述家+α)

●案内人:
松山真之助氏 (メルマガ Webook of the Day 編集長)

●会費:ギリークラブ会員 7,000円(今回入会可) ビジター9,000円

●参加人数:申込先着順 20名限定 (ギリークラブ会員優先です)
 ※満員の際にはキャンセル待ちもお受けします。
 ※交流会は食事会ではありません。軽食は準備しますが限られた時間内に有意義
 な交流をするために、事前に少しお腹に入れてご参加になられることをお勧めします。
 ※ギリークラブメンバーになるには・・・
 会の主旨を理解して終身会費10,000円をお支払い下さい。
 別途年間通信費5,000円ですので、初回には参加費の他に15,000円が必要で す。
 詳細はサイトをご覧下さい。http://www.gillie.co.jp/g_club/


*****************************************************************

【参加申込みフォーム】
★ギリークラブ事務局行き
 (必要事項を記入、不要な部分を消してご返送下さい。不参加の場合は返信不要です)
●6月15日(火)『Webookトークライブ "あの人に会いたい"第2回』に □参加
 会社名:
 ご氏名:
 電子メールアドレス:
 携帯電話番号:          (←当日連絡用です。必ずご記入下さい)
 携帯メールアドレス:       (←当日連絡用です。必ずご記入下さい)
●入会状況:□ギリークラブ会員 □ビジター参加 □今回入会希望
●領収書発行:□不要 □希望(宛先:               )
●ご同伴者 :□なし □有り(        様)
●石黒さんへの質問、コメントなど:

*****************************************************************


※ギリークラブの概要に関してはホームページをご参照ください。
 http://www.gillie.co.jp/g_club/
※準備の都合上6月8日(木)以降のご欠席は会費をご負担頂きます。ご了解下さい。
※当日の写真をサイトに掲載します。困る方は事前にお申し出下さい。
※頂戴した個人情報を他の目的に使用する事はありません。
※交流のため参加者リストを配布しますが目的以外の使用、第三者にコピーを渡す事は禁止とさせて頂きます。
 リストの処分に関しても個人情報保護の観点からご注意下さい。
※ギリークラブは交流会です。事務局では個人情報保護に十分気をつけていますが、参加者の方がある程ご自身の情報を開示しませんと良い交流はできません。
その点はご理解の上ご参加をお願いいたします。
※メンバー以外の方が参加される場合には必ずビジター登録して下さい。登録されていない方のご参加はお断りします。(ご希望の方に登録フォームをお送りします)

<ご注意>
※ギリークラブは大人のルールとマナーを守ることが義務付けられております。ナンパ、セールス、勧誘、取材の依頼など他の方に迷惑になる行為があった場合、以後のご案内は中止させて頂きます。また当日無断欠席など社会人のマナーが守れない方も参加資格はありませんので以後の案内を中止します。
※一人でも興味のない方がいらっしゃると少人数の会は雰囲気が一変しますので、会の主旨をよくご理解頂き、同伴や案内される方の選定にも十分ご配慮の上、ご参加いただけますようにお願いします。時にご同伴の方がギリークラブの何たるかをご理解になっていない場合がありますので、事前に十分なご説明をお願いします。

<よくあるご質問にお応えして>
ギリークラブは幅広いテーマで開催しますので、当然の事ながら毎回参加するお顔ぶれが違います。 常連さんで固まっている会ではありません。初参加の際にはどうしても緊張するかと思いますが、共通体験した仲間は直ぐに懇意になるようで、毎回交流会での素晴らしい出会い、静かな盛り上がりがあります。
もちろんどなたかとご同伴されても結構ですが、お一人でも気楽に参加して頂ける会ですのでどうぞご安心下さい。また渡辺の余裕のある限り、ご参加の方同志のご紹介をさせて頂きますので気軽にご依頼下さい。

<ギリークラブとは>
スコットランドやアイルランドで狩猟や釣りのガイドの事をギリーと言います。自分が楽しむのではなく、客に獲物をあげさせるためのガイド役です。ギリークラブは時代の案内人として、その回に興味のある方だけをお呼びします。
ゲストと参加者、参加者同士、共通の興味のある人の交流の場を設営し、こういう時代に“現実に人と人が出会う場”に案内させて頂く会です。

2001年1月開始以来小規模なセミナー&交流会を継続しています。
雑誌編集者、番組制作者セミナーはじめ、飲食の会、日本文化の会(和・倶楽部)、エンタテインメント、など幅広いジャンルで実施中です。
今後の開催際予定、過去の実施報告などの詳細はこちらにあります。
http://www.gillie.co.jp/gillieclub.html